妬みと僻み.com

危機感をもたず生活している様子を綴ります。

ガードル初心者がガードルを語る②

先日、私は生まれて初めてガードルを購入しました。
購入した経緯等は前回の記事を御覧ください。 

netamichan.hatenablog.com

 

いざ購入をして、早速翌日から着用することにしてみました。

いたってノーマルなパンツの上から、ガードルのお腹にあたる部分を外側に折り曲げ、そっと足を通します。
しっかり履いたら、折り曲げた部分を元に戻してお腹に沿わせます。
サイズを計測してもらっていますので、ぎちぎち苦しいだとか前かがみの姿勢になれないなんてことはありません。
お尻のお肉がこれ以上好き勝手しないように支えてくれているようにフィットしています。
しかし、ただ履いただけでなく、1cmでも1mmでもいいのでヒップアップも…と思い フィットしたガードルの中に腕を差し入れます。
お尻の下まで差し入れた手を、帰りはお尻をしっかり掴んで引きあげます。これを左右。
すると、なんだか心なしかヒップアップができて太ももがすっきりしたようなシルエットに。
パンツからはみ出した行き場のなかったお尻のお肉も、ガードルにフォローされ落ち着きどころがみつかったようです。


【お蔵入りスカートが復活】

ガードルはサイズ感もよくきちんと着用できたので いよいよこの上からスカートを履いてみます。
今回ガードルと一緒に履くスカートは、ガードルを購入する前に一度お蔵入りをしたスカートです。
伸縮性があるデニムタイトスカートです。
ミモレ丈で、前にスリットがあるのがお気に入りです。
試着したときは、まあヒール履けばいいかと思って見て見ぬフリをしていましたが 実際におでかけ前になって着用してみると本当にやばい。
切株のような下半身をそのスカートに突っ込むと、パンツ・はみでたおしり・ふともも・ひざ・ふくらはぎの順にボコボコとしたボディラインがしっかり出てしまって、とてもじゃないけど後ろ姿はロングカーディガン等で隠すしかないよね…という感じでした。
―――そこでガードルを購入する決意がついたわけです。

いざ履いてみると、前回ノーガードルだったときと全然違います。
まず後ろのボコボコボディラインは消えています。
おしりはいきなり小尻にならないし太ももだって太い切株のままですが それでも、前より見苦しくなく、整ったヒップラインが目立ちます。
一度はお蔵入りになったスカートは、スタメンに復活です。おめでとう。
これはガードル大勝利、買って正解です。


【パンツstyleにチャレンジ】

20代後半まではショートパンツもスキニーも履いていましたが、30代が近づきダイエットに大失敗しリバウンドで下半身が切株になっていくにつれ、従前履いていたパンツが似合わなくなったため、いつしかパンツ(ズボン)を履かなくなりました。
しかし、ガウチョパンツやワイドパンツがトレンドになってきた去年、実は一着だけパンツを購入したんです。
おしりの大きさ以上に裾が広がるデザインのものなら切株を隠せるかもしれないと思い、ガウチョパンツを購入しました。
しかし、数回着用し洗濯するとあちらこちらに毛玉ができ、なんだか安っぽいパンツに見えてしまいみっともなく感じたのでお蔵入りになりました。
もともと5,000円以下の安いパンツだったため、安っぽくみえて然りなのですが、やはり履く人がすらっとしていないため、余計お値段相当に見えてしまったようです。
しかしガードルを履いた今こそ無敵と感じた私は、セール中だと託けて、パンツを買おうと決めました。
今回はガードルを履いた状態で、Mサイズのパンツを試着してみました。 ウエストはゴムですが、それ以外は伸縮性がなく、スーツのパンツっぽい質感です。
伸縮性のない素材のパンツの場合、普段なら太ももを通過する段階で断念することが多かったですが、なんとこのパンツはその鬼門を難なく突破。
そこさえ突破できれば、ウエストはゴムなのであとはもう履けたも同然。
後ろ姿も、ガードルのおかげでヒップラインがきれいになっています。
試着室を出ると、店員さんから思わぬ一言。
「お客様、おそらくSサイズでいいと思いますよ」
…え!? 生まれてこのかた、Sサイズというゾーンに一度も踏み入れたことがなかったのに、人生で体重が一番ピークの今まさに「Sサイズ」ですと…
おそるおそるSサイズに足を通してみると… んん、多少太ももを通過するときに若干「Sサイズは無理ではないでしょうか」と太ももの細胞から声が聞こえましたが
それを無視してキュッっとお尻に力をいれ、よいしょと腰まで履いてしまうと。あれ。これは。いけた。
Sサイズでも窮屈な感じがなくすっきり履けています。
ガードルを履いているため、おしりや太ももに裏地がまとわりついておらず、後ろ姿もMサイズを着用したときとなんら変わりがないシルエットです。
試着室をでてお店のヒールを借りると、ヒールの効果もあり、よりお尻の大きさが隠せました。
値段は、17,000円。
いいお値段なだけあって、着こなしたシルエットも素敵です。
ガードルのおかげでもありますが。
このパンツは即購入いたしました。


【総括してメリットたくさん】

ガードルを購入し、毎日着用する生活を送っておよそ一ヶ月。
ガードルのおかげで体重が減ったとか即効性のあるダイエット効果はまだありません。
それはそうですよね。別にダイエットグッズで販売しているわけではないので。
ガードルはあくまで下着の補正としての役割です。
私は、役割以上の効果を実感しています。
やはり見た目を変化させることができるということが一番ですね。
体型がダサくてみっともなくて履くのをためらっていたスカートやパンツが履けるようになった!
もちろんモデル体型のようにスリムになったわけではないし、ガードルを履かなくても可愛く美しくボトムを履ける人のほうがいいです。
でも、まさか苦手だったパンツがSサイズでもOKになるとは。
一生ロングカーディガンとしかコーディネートできないのではないかと思っていたタイトスカートを以前よりも臆することなく履ける日がくるとは。
もしガードルを買おうか迷っている方がいたら、まずは買ってみることをおすすめします。
安い買い物じゃないとは思いますが、気持ちもちょっと上向きになれるし、私はいいことだらけでした。

次は、くびれを補正してくれるガードルを試してみたいです。

ガードル初心者がガードルを語る①

Q:ガードルは着用したほうがいいでしょうか?
A:はい、着用したほうがいいです。

Q:何歳ころから着用したほうがいいでしょうか?
A:年齢関係なしです、今すぐに着用したほうがいいです。

Q:30歳を過ぎてもガードルを着用したことがありませんが大丈夫でしょうか?
A:私がまさにそれでした。後悔しています。今すぐ着用したほうがいいです。


今回は、ガードルを購入する経緯から、実際に購入し、着用してみてよかったことを書いていきます。
まだガードルを着用したことがない人は、是非読んでください。


【ガードルに行きつくまで】

ガードルとはよく「お尻のブラジャー」と言われますが、実際に着用するようになり本当にその通りだと思いました。
私はブラジャーについては特にこだわりがあって、いつも買うメーカー、ブランドが決まっております。
しかしパンツについては全くスルー。
そのせいでおっぱいはまだなんとか垂れを防げているものの、お尻はかわいそうなぐらいにダラダラと垂れ、太ももとの境目がわからず、なんともみじめな後ろ姿になっています。
年を重ねていくにつれ自分に自信がなくなっている私は、いつしか鏡を見ることをおそれ、自分の後ろ姿も「どうせ私なんかが美意識を高めたところで…」と目を背けていました。
(もちろん今もその精神は健在ですが。)
自己評価が低く、同世代の女性に劣等感ばりばり抱いて口を開けば妬み僻みしか出てこない状態ですが(まだブログを始めて間もないので抑えています)
一丁前に服は頻繁に買ってしまうんです。
服の中でも特にスカートが好きで、ついつい買ってしまうんです。
切株のような立派な下半身をたずさえている私にとって、スカート選びはとても重要です。
切株を少しでも隠せるようなシルエットやデザインだったりすると即座に優秀スカートとみなし、購入してしまいます。
そして実際にそのスカートを履いて出かける時になってようやく「このヒップライン…やばい…」と自分の体形について冷静な判断がくだせるわけです。
自分のヒップラインのやばさを自覚すればするたびにスカートはお蔵入りになっていきます。
そんなことを繰り返していたら、スカートを買った意味がないですよね。
買っても全然履かない(履けない)スカートが増えてしまったので、私がしっかり痩せるのを待つより他になにかいい手段はないかと考え、ガードルが思いつきました。
今までずっと放置していたお尻のケアもしなくてはと、ガードルを購入しようと決めました。


【ガードルを購入】

私は上述の通り、ブラジャーはこだわりがありますが、それはワコール製品と決めております。
ですので、ガードルも必然的にワコール製品にしようというところまではすぐに辿り着きました。
店頭のガードルコーナーにはたくさんの種類の商品が陳列されていたので、最初は店員さんに訪ねてみるのがいいと思います。
私もそうしました。

まずはガードルを探している旨を伝えると、サイズ計測から始まります。
サイズが合っていない少し小さめのパンツを履くと、股関節周りが締め付けで痛くなってしまったりすることがないように、サイズは恥ずかしがらずに計測してもらいましょう。
といっても下着姿になるわけではなく、今着ている服の上からウエストとヒップを計測するだけでした。
サイズ計測の結果、ガードルは76というサイズを用意することになりました。

★股下丈
丈が長すぎると、スカートを履く機会が多い私にとって、ふとした拍子でチラリと見えてしまうと恥ずかしいです。 
また、サイズが合っていないと裾からくるくると丸まり上がってきてしまうのも鬱陶しいです。
短すぎると、私の垂れたお尻全体をしっかり包み込んでくれるのかどうかが心配です。 後ろから見たときに太ももにお肉が食いこんでいる様子がわかってしまうのも恥ずかしいです。
ヒップアップができて、食い込んでます感が少なく、ボトムにひびかない&はみ出さない…ガードルの丈は重要ですね。
私は膝から15~20cmほどの丈を選びました。

★カラー
ガードルといったらベージュもしくは肌色のイメージが強いと思います。
私はこの期に及んでもまだガードル=ベージュ=オバサンくさいという先入観を払拭することができず
ブラックカーキをそれぞれ1枚ずつ選びました。
カーキは今年カーキのスカートを購入したので、そのスカートを履くときに合わせて着用しようと思い、選びました。
決して人様に見せるつもりはないのですが、色でインナーもコーディネートしているという自己満足です。

★機能
ガードルにとって一番重要なポイントの機能選びについてです。
私は、くびれやお腹よりもヒップラインがすっきりするシルエットのものを重視したかったので
その趣旨を伝えると、何点か当てはまる商品を探してくれました。
ガードル初心者でも履きやすく、通気性もいいので普段使いしてもいいそうです。
まずは毎日ガードルを着用する生活に慣れていくことが大切だと思い、ぎゅうぎゅう締め付けすぎないものを選びました。

★着用の仕方
皆様はご存じかもしれませんが、裸→パンツ→ガードル→ストッキングやタイツ が、主流だそうです。
裸→ガードルだとダメですかと質問したところ、直でガードルを着用するのもナシじゃない、直履き専用のもある(っぽい)とのことでした。
あまり推奨されていない空気を感じたので、初心者はとりあえず少数派に傾くことなく裸・パンツ・ガードルの重ね履きをすることにしました。
更に今の季節はタイツを履く日も増えたので、こうなるともしかしたら着ぶくれでお尻が大きくなっている可能性も否めないですね。

結果、私は

store.wacoal.jp

を購入しました。
上述の通り、サイズは76、カラーはブラックとカーキです。
値段は上記リンク先の通り1着5,000円前後ですが、購入店舗のポイントカードがたまっていたので2,000円オフで買いました。
1万円以下で買えたのはラッキーでした。

早速翌日から着用してみました。
着用した感想についてはまた明日。か、明々後日。

こんなこと書きたい的な意気込み

初投稿。

私のSNS遍歴から。

メモライズでは高校の同級生の愚痴を書き連ねていたところサービス終了。

mixiでは恥ずかしげもなく夜遊びをして調子に乗ってる様を書くもmixi無料ゲームが出た頃から飽きそのままアカウントは塩漬け。

facebookに登録をしてみたものの同級生の旅行・結婚・出産等のキレイな部分だけを投稿しているところに素直にイイネが押せず退会。

twitterでは特定の友人以外の目に触れるのが嫌で鍵垢で結局twitterの意味を成しておらず病みツイットのみ(現在継続利用中)。

instagramでは食べ物の写真を載せるというつまらない投稿はせずしかしこれといって写真映えする出来事がないためほぼROM専(現在継続利用中)。

 

とにかくどのSNSもリア友とつながっている。

だから、日々の「あー」だの「うー」だの、「眠い」「死にたい」「帰りたい」は書けても、それ以外のもっと深い生活内部については書いたところで…ひとつ間違ってしまうと「わーなんか自慢してない?なにあの子~」みたいな女子特有の変化を生むおそれもある。

もっとも私にそんな影響力はないのは十分承知してはいるが。

 

しかしながら、私は自分の生活や体の変化についてとても興味がある。

私が世間知らずだから、30歳をこえた今でも知らないことがたくさんあって使ったことがないツールもたくさんあって、それを自分が稼いだお金で試していくのが楽しい。

そういった、自分が最近見つけたことや体験したこと等について色々書いていこうと思う。

 

ブログ名「妬みと僻み」についてはまたいつか。

何卒よろしくお願いいたします。